カテゴリー
宿

縁側でお茶を飲む

私が良く行く宿は、秩父の民宿になります。ここは、今でも珍しい藁葺き屋根の家になっております。家には縁側があり、そこに座ってお話をしながらお茶を飲むのが昔からの常識になっております。ですから、はじめて来た人でも、懐かしい感じがするので、話もはずみます。今回は、友人と訪れたので、小さいころに遊んだ、メンコの話やたこあげの話などをしてもりあがりました。いつまでも、この素晴らしい屋根の姿を残してもらいたいです。

カテゴリー
宿

A traditional Japanese old folk house that slipped back in time to the Edo period.

A traditional old folk house that symbolizes Japan will be an inn in Saitama Prefecture.
This is an old folk house with a thatched roof that has been around since the Edo period.
It’s been over 300 years old, and everyone longs for the appearance of this house.
I haven’t searched for a craftsman who maintains the roof, so now the owner of the inn here is doing the maintenance.
The old Japanese folk house has been built so that anyone can feel at ease.
Really, Japanese houses are wonderful.

カテゴリー
宿

茅葺屋根の宿が安く泊まれる理由がすごいです。

皆さん、今は、茅葺屋根の家はとても少なくなりました。これは、屋根の職人さんの減少が原因になっているのはわかるかと思います。昔は、屋根の職人さんもたくさんいたので、茅葺屋根のメンテナンスの料金も、そんなには高くなかったそうです。でも、今は、全国でも職人さんは、親方レベルは、約150人くらいしかいないと言われており、屋根の葺き替えを頼むと、下地からの葺き替えをすると相当な料金がかかってしまうので、その値段を聞いたとたんに、屋根の維持をあきらめる人が多いそうです。そんな中で、この秩父の民宿のご主人は、自分で屋根の作業を独学で覚え一人でメンテナンスをやっているそうです。宿の宿泊料金が安いのは、屋根のメンテナンスの料金がかからないためだそうです。茅葺屋根をよくみるとわかると思いますが、竹が並べてあり、その上に茅を並べてあります。一見、簡単そうに見えますが、これがかなり難しく、不規則な面に不規則な物を並べていっているので、ほとんどが職人の技術になっているんです。この技術を覚えるのに、10年はかかったと言っておりましたが、かなりすごいことだと思いました。

カテゴリー
宿

The owner is doing the maintenance of the thatched roof.

Now, unlike in the past, the number of thatched roof craftsmen has dropped sharply.
Under such circumstances, the owner of the inn in Saitama Prefecture is doing the maintenance of the roof by himself.
It took 10 years to learn the technique of making a roof by self-education and to learn the work.
I think it is wonderful to learn this difficult roofing technique and keep the traditional Japanese technique in this era.
Please come and see the roof made of beautiful traditional Japanese techniques that has been around since ancient times in Japan.

カテゴリー
宿

美味しいお茶を飲み、古民家で宿泊

久しぶりに、大学時代の友人と旅行に行きました。古民家が良いと言ったので、秩父の民宿に宿泊しました。ここは、今でも茅葺屋根になっており、縁側もあります。宿についたら、縁側でお茶を飲みながら、楽しかったころの思い出話をしました。古民家で思い出話をしていると、まるで、実家に帰ったような気分になりますので、とても心が和みます。話が少し落ち着いたら、古民家の天井を見ながら少しの間だけ寝ましたが、これがとても気持ち良かったです。普段の疲れなどわすれ、とても気持ちがリラックスしました。ここは、とても気に入ったので、また、訪れようと思います。