カテゴリー
宿

縁側でお茶を飲む

私が良く行く宿は、秩父の民宿になります。ここは、今でも珍しい藁葺き屋根の家になっております。家には縁側があり、そこに座ってお話をしながらお茶を飲むのが昔からの常識になっております。ですから、はじめて来た人でも、懐かしい感じがするので、話もはずみます。今回は、友人と訪れたので、小さいころに遊んだ、メンコの話やたこあげの話などをしてもりあがりました。いつまでも、この素晴らしい屋根の姿を残してもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA